大阪で撮影する七五三の写真は一生思い出に残る大事なもの

サイトマップ

大阪で七五三写真を撮って思い出作り

七五三の写真は当日のお参りの前に

可愛い子

七五三の写真は、当日の、お参りする前に撮ることをおすすめします。

保護者の方もご理解とは思いますが、お子さんに和服を着せたい方。
普段の2倍くらいの重さの和服を身につけ、普段履き慣れていない草履を履いているお子さんの疲れは半端ではありません。お参りの前に、とにかく写真撮影です。そうでないと、笑顔は撮れないし、下手すると3歳のお子さんだったら泣かれそうです。
七五三の記念写真は、いちばんかわいくて、いちばん子どもらしい時代である、3歳から7歳までの晴れ着は、いい思い出になりますので、できるだけ写真スタジオでプロの方に撮影していただくようにするほうがよいでしょう。
しかし、前撮りに七五三のお参りと別の日を設定するのは、おすすめしません。本人たちは、うれしいと同時に「なんか面倒」という気持ちも持っています。きょうも夕方、公園で遊ぶ子どもたちがたくさんいました。そんな中、親御さんの帰宅を待ってスタジオに連れて行かれるのは、嫌だと思いますよ。「まだ遊びたいのに」という気持ちになる子もいるでしょう。

できれば、神社への往復は、自家用車かタクシーを使うほうがよいでしょう。
衣装も貸衣装で十分でしょう。専門の子ども撮影スタジオでは、そういうパックをいくつも組んでいると思います。こういう時のインターネットの検索は頼りになります。

2人の子供

子供の機嫌も悪くならない!前撮りがオススメ

子供が七五三の時期を迎えると、親を悩ませるのが衣装と写真ですよね。特に女の子の場合、お着物を用意したり、髪型を考えたり、場合によってはお化粧もしたり…子供とは言え、準備に時間がかかります。当日は着付けをして、お宮さんまで移動し、拝殿して祈願をし、お詣りが済んだら写真撮影、そして家族揃ってお祝い膳と、かなりの長丁場になります。シーズンど真ん中の休日になると、拝殿するまでに順番待ちをするところもあるので、子供の機嫌も悪くなってしまう可能性大です。そこでオススメしたいのが、写真スタジオで…

Topics